自分の足のニオイで嫌な思いをした事で、他の女性はしっかりと足の裏への身だしなみをしているのかと思いました。

足のニオイがすることで、嫌な思いをしたことがあります。
自分では身体は清潔に保ち、着ている洋服もお洗濯しているので、臭いニオイはしないと自信をもっていました。
ところが靴を脱ぐことで、ツンとしたニオイを自分自身が感じる事で、清潔な女性のイメージを崩されました。
自分の足のニオイで嫌な思いをした事で、他の女性はしっかりと足の裏への身だしなみをしているのかと思いました。
両足は、1日にコップ1ぱい程の汗をかくと言われるだけあり、ニオイがきついものとなっていたのです。
汗じたいは、無臭と言われますが細菌が重なる事で嫌なニオイを発するわけです。
足 臭いの原因は、バクテリアや表皮ブドウ球菌が元で引き起こすものです。
足に汗をかき、その時に流れておちる古い角質等の成分が、細菌と一緒になることでツンとしたニオイをだすものです。

お仕事や外出をすることで、足が蒸れた状態となり足のニオイで嫌な経験をしたのですが、お友達にも臭ったのかと心の中で心配しました。
お部屋にいることなどは、足のニオイも気にならないのです。
足全体の古い角質を取り除く事で、ニオイも気にならなくなります。
お風呂で軽くこすることで古い角質はとれるものとなるから、もっとゆったりとお風呂に入り手で軽くマッサージをするようにこれからはしたいと思います。

私は足の裏にも多くの汗をかくとは思わないのですが、足のニオイが気になる事があります。
足の専用デオドラント剤を使うにも、私みたいな汗の量の人は消臭と除菌を兼ねたタイプのものが、制汗タイプのものよりいいので、これからは身だしなみの一つとして行いたいと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です